鈴木空如の仏画模写「聖尊図像」 大仙市太田で展示会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太田文化プラザに展示された鈴木空如作の「聖尊図像」
太田文化プラザに展示された鈴木空如作の「聖尊図像」

 秋田県大仙市太田地域生まれの仏画家・鈴木空如(くうにょ)(1873~1946年)による仏画の模写「聖尊図像」の展示会が12日、市太田文化プラザで始まった。空如が晩年に制作した緻密な筆致の作品が並ぶ。太田公民館の主催。5月15日まで。

 聖尊図像は、当時仏画を描くルールを無視した作品が多いことに心を痛めた空如が、仏画の古式ゆかしい筆致を周知する教材にしようと、1916年ごろ制作を始めたとされる。美濃判といわれるB4判ほどの大きさの作品を2千点以上制作したが、世の中には出回らなかった。2018年、聖尊図像を保存していた神奈川県箱根町の鈴木家から、大仙市に寄贈された。

 今回初めて一般公開となったのは「今胎仏画帖(こんたいぶつがじょう) 金剛界諸尊形像(こんごうかいしょそんぎょうぞう)」で、仏を95尊描いた冊子「金剛界諸尊形像」から全ての仏を模写した作品。冊子の原本は昭和の初めにばらばらに売却されており、95尊全てそろっている空如の模写は学術的に価値の高い作品となっている。

秋田の最新ニュース