パートナーシップ制度開始 申請の流れ・制度の内容まとめ

会員向け記事
お気に入りに登録

 LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」が、今月から秋田県と秋田市で始まった。法的に結婚が認められない同性カップルなどを、自治体が婚姻に相当する関係と証明する仕組みで、家族同等の行政サービスが受けられる。多様性を認める社会に向けた一歩だが、差別や偏見への不安から利用をためらう場合もある。申請時にプライバシーは守られるのか、どんなサービスを受けられるのか―。申請の流れと制度の内容をまとめた。

県の制度

 県の「あきたパートナーシップ宣誓証明制度」は、差別やハラスメントを禁止する「多様性に満ちた社会づくり基本条例」施行に合わせて始まった。

秋田の最新ニュース