若者のミカタ:暮らしたいと思える街に(1)楽しい思い出、子どもたちに 老舗酒店をリノベーションしたのしろ家守舎

有料会員向け記事

 さまざまな仕掛けで街に若者を呼び込もうと、奔走する人たちがいる。連載「若者のミカタ」第4部は、若者が暮らしたいと思える街づくりに取り組む人たちと、その熱意を伝える。

 ◇  ◇

商店街を見下ろせるマルヒコビルヂングの2階で、今後の事業展望などを話し合うのしろ家守舎の湊さん(左)と鈴木さん

 能代市中心部を南北に走る畠町通り。その一角にある「マルヒコビルヂング」1階で、今年1月からカフェが営業を始めている。

 3月下旬、ランチタイムをのぞくと、中年女性のグループや春休み中の高校生、近所の高齢者と幅広い年齢層の客でにぎわっていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース