標識、雪にすっぽり! 冬季閉鎖中の国道、きょうから除雪

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
標識を目安に積雪量を確認する職員
標識を目安に積雪量を確認する職員

 秋田県東成瀬村と県雄勝地域振興局は30日、同村椿川―岩手県一関市間31・5キロが冬季閉鎖中となっている国道342号で、開通に向けた積雪量や雪害の調査を行った。

 この日は村や振興局の職員が圧雪車に乗り込み、雪崩防止柵や看板に破損がないかなどを確認。栗駒山荘付近では、標識の高さを目安に積雪量を測り、写真を撮って記録した。手を伸ばすと届きそうな標識や、雪に埋もれている標識もあった。

秋田の最新ニュース