湯沢市、起業支援へ共有オフィス ゆざわビズ内に来月開設

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
湯沢市がゆざわビズ内に4月開設するコワーキングスペース
湯沢市がゆざわビズ内に4月開設するコワーキングスペース

 秋田県湯沢市は4月、同市大町の市ビジネス支援センター「ゆざわ―Biz(ビズ)」内に、起業を考えている人や開業間もない人が無料で利用できるコワーキングスペース「ゆざわビズ ハッチ」を開設する。市は「自由に利用してもらい、何かが生まれる場となっていくことを期待している」としている。

 センター西側の無料休憩所として使われているエリア(103平方メートル)をコワーキングスペースとする。無料休憩所の機能も残して運用していく方針。名称は英語の「出入り口」「ふ化させる」という意味を込めている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース