男鹿の海藻と雲昌寺の精進料理紹介 立命館大セミナー

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生配信された雲昌寺の様子。地元の海藻を使った精進料理を紹介した
生配信された雲昌寺の様子。地元の海藻を使った精進料理を紹介した

 立命館大学主催の海藻食をテーマにしたオンラインセミナーが27日行われ、秋田県男鹿市産の海藻や雲昌寺(同市北浦)の精進料理が取り上げられた。ワカメやエゴ草など地元の海藻を取り入れた料理の数々が、全国の視聴者に紹介された。

 セミナーは「まだ私たちは海藻を知らない―海藻が拓(ひら)く食の未来」と題して開催。同大食マネジメント学部の石田雅芳教授=元スローフード秋田会長=が、雲昌寺で精進料理を食べた経験があることから、取り上げられることになった。

秋田の最新ニュース