サキホコレをパンに挟んだら… 湯沢の料理店がサンドイッチ販売

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
具材にサキホコレを使ったサンドイッチ(右)など3種類が入ったセット
具材にサキホコレを使ったサンドイッチ(右)など3種類が入ったセット

 秋田県湯沢市表町の「日本料理福富」(小川祐三代表)が具材に県の新品種米「サキホコレ」を使ったサンドイッチなど3種類をセットにした商品を販売している。同店は「コメが具材のサンドイッチは全国的にも珍しいのではないか。パンとご飯の相性を楽しんでもらいたい」としている。

 生パンを使ったサンドイッチがセットになっている。サキホコレが具材のものは、ご飯にいぶりがっこと同市三関産のセリをまぜ込んだ。秋田牛のすき焼きも入っている。このほか、サケのこうじ漬けと炒めたマッシュルームなどが具のものと、はんぺんと明太子チーズなどを挟んだものがある。具材は旬に合わせて一部を変えることにしている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース