秋田が若者に選ばれるには 「若者のミカタ」シンポ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

「若い世代が望む寛容な秋田」と題し、5人のパネリストが議論したパネルディスカッション

 地域の寛容性をテーマとした「若者のミカタ」シンポジウム(秋田魁新報社主催)が27日、秋田市中通の秋田キャッスルホテルで開かれた。若い世代の価値観(見方)を知り、挑戦を後押し(味方)することで、秋田の未来を切り開こうと、本紙で元日からスタートした連載「若者のミカタ」に合わせて企画した。

 不動産情報サービスを手掛けるLIFULL(ライフル)=東京=のシンクタンク「LIFULL HOME’S総研」所長の島原万丈さん(56)が基調講演。都道府県の寛容性が人口の社会増減に密接に関連しているとの分析結果を紹介した。

 島原さんと、秋田を舞台に挑戦を続ける若者4人を交えたパネルディスカッションも開催。寛容な秋田をつくるための方策や、若者が秋田に関心を持つために何ができるかを探った。

「若者のミカタ」関連記事はこちら

秋田の最新ニュース