県のパートナー制度、来月1日開始 証明書交付で家族同等

会員向け記事
お気に入りに登録

パートナーシップ宣誓書受領証明書のイメージ(県提供)

 秋田県は4月1日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「あきたパートナーシップ宣誓証明制度」を導入する。証明書を交付し、公営住宅への入居や公営病院での面会について、家族と同等の扱いを受けられるようにする。

 パートナーシップ制度は、差別やハラスメントを禁止する「多様性に満ちた社会づくり基本条例」の施行に合わせて開始する。多様性を認める社会づくりを推進する狙い。東北6県では青森に続き2番目の導入。県内では秋田市も4月1日から始める。制度に法的効力はない。

秋田の最新ニュース