「大曲の花火」業者の宿泊施設建設へ 観覧会場近くに

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
施設のイメージ図(大曲商工会議所提供)
施設のイメージ図(大曲商工会議所提供)

 大曲商工会議所(秋田県大仙市)の通常議員総会が25日、市内のフォーシーズンで開かれ、「大曲の花火」の観覧会場近くに6階建ての宿泊施設兼大会管理運営施設を建設する事業案が可決された。総事業費約10億円の建設事業が、2024年夏までの完成を目指して動きだすことになる。

 建設の目的は、夏の全国花火競技大会(大曲の花火)に県外から招く花火業者の宿泊場所として使うこと。また、これまでの大会で分散していた市や警察、消防、商議所の本部もこの施設に集約する。

 商議所によると、これまで業者が使っていた宿泊施設が20年に閉鎖。大会当日は市内や周辺地域の宿泊施設が観覧客で埋まるため、代わりとなる宿泊場所の確保が課題となっていた。また、関係機関の本部を施設に集約することで、多くの観覧客で混雑する会場のコントロール機能を強化し、トラブルの未然防止を図る狙いもあるという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース