社会人野球のTDK、仕上がり順調 キャンプ終了

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
オンライン取材で意欲を語る皆川
オンライン取材で意欲を語る皆川

 社会人野球のTDK(にかほ市)が1カ月間のキャンプを終え、順調な仕上がりを見せている。都市対抗大会に2年連続出場中で、昨年は8年ぶりに初戦を突破。今年は都市対抗4強を目標に掲げ、高い士気を維持しながら調整を進める。皆川普(ひろし)主将は「全力で泥くさくプレーし、チーム一丸で勝ちにいく」と意欲を燃やす。

 キャンプは2月22日から今月21日まで、沖縄県宮古島市と鹿児島県徳之島町で実施。現在は関東でオープン戦に臨み、実戦感覚を磨いている。キャンプでは新戦力6人(投手2、内野手3、外野手1)も合流し、基礎練習を徹底。皆川は「2年連続で都市対抗に出場できたのはきつい練習の成果。全力で振って、走って、投げるところから始めた」と振り返る。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース