ウクライナ支援 能代高生、募金箱手に訴え

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
募金活動を行う能代高校の生徒たち
募金活動を行う能代高校の生徒たち

 ロシアによる侵攻を受けるウクライナの人々を支援しようと、秋田県能代高校のJRC同好会と1、2年生有志の計約20人が20日、能代市内のスーパー2店舗で募金活動を行った。

 同市字寺向のいとく能代ショッピングセンターでは、生徒約10人が店舗入り口に立ち、「戦争をやめよう」「即時停戦」などと書かれたパネルと募金箱を手に協力を呼び掛けた。平和をテーマにしたジョン・レノンの名曲「イマジン」やSMAPの「Triangle」を生徒がギターで奏でる場面もあった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース