秋田県議会、議員定数2減の41に 23年選挙から適用

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
県議会(資料写真)
県議会(資料写真)

 秋田県議会は18日の本会議で、現行43の議員定数を2減の41とする議員定数条例改正案を賛成多数で可決した。能代市山本郡と大仙市仙北郡の両選挙区で1ずつ減らす内容で、2023年春に予定される次期県議選から適用される。

 削減案は議員11人でつくる議員定数等検討会議(工藤嘉範座長)が昨年7月に合意。12月には会派代表者会議でも承認されていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース