五木ひろしさんインタビュー:和とロックが融合、代表曲に育てたい

有料会員向け記事

五木ひろしさん(五木プロモーション提供)

歌手の五木ひろしさん(74)が、19日の「北前船寄港地フォーラムin秋田」に映像出演し、新曲「北前船」「港町恋唄」を初披露する。いずれも上総優(かずさ・ゆう)のペンネームで自ら作曲を手掛けた。五木さんに、新曲に込めた思いなどを聞いた。


―北前船との関わりを教えてください。

私は福井県美浜町の出身で、隣が北前船寄港地の敦賀市。北前船についてはある程度知っていたが、改めて自分なりに歴史などを調べた。(北前船が通った航路が誕生してから)350年という節目に関わることができてうれしい。

―「北前船」はどんな曲ですか。

動く総合商社と言われるほどの規模を誇った北前船は、帆一つで荒波を乗り越えて各地の文化をつなげていった。男のロマンという感じで、男っぽい曲にしようと思い、「和」とロックが融合するようなサウンドにした。

―「港町恋唄」には、歌詞の異なるパターンがありますね。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース