五木ひろしさん「北前船」歌う! 秋田市のフォーラムで初披露へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
北前船をテーマにした新曲を手掛けた五木さん(五木プロモーション提供)
北前船をテーマにした新曲を手掛けた五木さん(五木プロモーション提供)

 江戸から明治期にかけて日本海の海運で活躍した北前船をテーマにした歌手五木ひろしさん(74)の新曲「北前船」と「港町恋唄」が19日、秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれる「北前船寄港地フォーラムin秋田」で映像を通して初披露される。秋田魁新報社の取材に応じた五木さんは「歴史ある北前船を歌えるのは光栄。自分の代表曲に育てたい」と熱く語った。

【独自】五木ひろしさんインタビュー

 今年は江戸時代の豪商・河村瑞賢(ずいけん)が日本海、瀬戸内海を経て大阪に至る航路を確立して350年に当たる。寄港地の一つが福井県敦賀市で、五木さんは隣接する美浜町出身であることから曲作りを快諾した。2曲とも五木さんが上総優(かずさ・ゆう)のペンネームで作曲し、森昌子さんの「越冬つばめ」などで知られる作詞家石原信一さんが作詞を手掛けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース