「マタギの湯」客室がリニューアル 日本風や高級感をプラス

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ワーケーションでの利用を想定し机を設置した特別室
ワーケーションでの利用を想定し机を設置した特別室

 秋田県北秋田市阿仁打当の打当温泉マタギの湯の客室がリニューアルした。既存の客室を改修し、「デラックスツイン」と「特別室」を2部屋ずつ設けた。新型コロナウイルス収束後のインバウンド(訪日外国人客)や、高級感を求める観光客ら幅広い層の利用を見込んでいる。

 特別室は、4部屋あった別館の客室を2部屋ずつつなげて設置。1部屋約50平方メートルで広々としており、木目を基調とした落ち着いた内装にした。休暇先で働く「ワーケーション」にも利用できるよう机を置いている。シャワールームを設けたほか、これまで別館の客室にはなかったトイレを設置した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース