地方点描:春はそこまで[湯沢支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 これまでより手元に重みが伝わってきた。7日朝の支局前の雪かき。湯沢市内で春到来を思わせる気候が続いていたこともあり、今月に入って初めての作業。水分を多く含んだ雪を流雪溝に運びながら季節の変化を感じた。

 コロナ禍の収束が見えない状況下、当たり前が当たり前ではなくなった日々は、県内で感染が初めて確認されて2年が経過した今も続いている。特に環境が大きく変化した場の一つが学校。校外活動や部活動が制約を受け、子どもたちは不自由を味わった。

秋田の最新ニュース