地方点描:秋田弁と共に[横手支社編集部]

会員向け記事

 「行ぐど」「寝るど」。欧州各地の宿舎やスキー場で、秋田弁の掛け声が響く。いい滑りをした選手には「いど」。

 北京冬季五輪に出場した横手市の向川桜子選手(30)は、普段から秋田弁を使う。代表チームがオーストリアを拠点にワールドカップやヨーロピアンカップを転戦する中でも同様。女子代表チームのトレーナーも面白がって口にするようになり、合宿中は何かの拍子に秋田弁が飛び交っていたという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース