北京見たまま:世界を一つにできるのが五輪最大の魅力

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
閉会式に登場した子どもたち=20日、北京
閉会式に登場した子どもたち=20日、北京

 極寒の開会式以来、約半月ぶりに国家体育場(通称鳥の巣)へ戻ってきた。閉会式もやはり寒いが、子どもたちのアトラクションでほっこり。主役の選手が入場すると会場の熱気はピークに達した。

 期間中、さまざまな競技を見た中で目に焼き付いているシーンがある。アルペンスキー女子回転。100分の1秒を競うだけに各選手は少しでもタイムを縮めようと最短コースを狙い、旗門不通過とも隣り合わせだ。実際コースから外れて大きくタイムロスし、続行を諦める選手が相次いだ。

 最終88番スタートの台湾選手も旗門を通過できずに止まり棄権かと思われた。だが、クリアできなかった旗門まで1・5メートルほど上って戻りレースを再開した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース