ニュースの「つぼ」:日本遺産の評価制度

有料会員向け記事

 文化庁は2021年度、「日本遺産」の評価制度を導入した。地域活性化などを図るため、遺産認定を受けた地域がどの程度日本遺産を活用しているかを判断し、遺産の認定水準を維持する狙いだ。

日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の認定地域

 日本遺産は、観光振興としての活用を目的に、地域の歴史や風土を伝える文化財や伝統芸能、風習などを組み合わせて認定する事業。認定件数は当初目標だった100件を超える104件に達した。本県関係では、江戸―明治期に日本海沿岸の交易を担った北前船をテーマとした「北前船寄港地・船主集落」が17年に認定された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース