酒蔵を動物に例えるとトラ? 秋大生がユーチューブで日本酒PR

会員向け記事

刈穂酒造を紹介する動画「ノメバミヤコ」

 秋田大学の学生が大仙市内の酒造会社と日本酒を紹介する「ノメバミヤコ」と題した動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。学生が実際に酒蔵内を見学したり会社の代表にインタビューしたりして、それぞれの酒造会社と日本酒の魅力を発信している。

 動画は、市と秋田大、出羽鶴酒造、刈穂酒造、奥田酒造店、金紋秋田酒造、鈴木酒造店の5社が連携し、5銘柄を統一ラベル「宵の星々」として売り出すプロジェクトの一環。動画に出演している秋田大学教育文化学部の益満環准教授(マーケティング)=大仙市出身=のゼミに所属する3年生6人も酒米作りから日本酒販売まで携わっている。動画の公開は、市内の日本酒を県内外にアピールすると同時に、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少している酒蔵を応援するのが狙い。動画は、県の「秋田県産学連携チャレンジ促進事業」に採択されている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース