自宅療養者に3万円給付、県補正予算案可決 ネット申請可能

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 2月秋田県議会は18日の本会議で、新型コロナウイルスの自宅療養者に3万円を給付する事業費などを盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案など11件を原案通り可決した。県は21日から、給付金事業の対象者に申請書を送る。支給は3月以降となる見込み。

 補正予算は総額461億5232万円。給付金事業には1億6215万円を計上し、自宅療養者約5千人分の経費を確保した。食料や日用品の購入など、自宅療養に伴ってかかり増しになる経費に充ててもらう想定。申請書がなくても、県の公式サイト「美の国あきたネット」では19日から申請できる。

秋田県新型コロナウイルス感染症自宅療養者給付金について | 美の国あきたネット

給付金コールセンター、19日から設置


 新型コロナウイルスの自宅療養者に1人当たり3万円を支給する事業に関して、県は19日から相談に対応するコールセンターを設置する。TEL0120・515・153(午前9時~午後6時)

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース