仕事のゲンバ:男鹿子ども民謡教室(男鹿市) 郷土愛宿る唄、次世代に

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 〽明の方から福大黒舞い込んだナー

 1月8日、男鹿市北浦市民センターの一室で、男鹿子ども民謡教室に通う小中学生6人が元気な声を響かせていた。新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクは外さないが、はつらつとした声で「秋田大黒舞」や「秋田船方節」などを唄う。指導に当たる男鹿睦実会のメンバーらが、かねや太鼓、三味線で伴奏しながら耳を傾け、「今日は声が出てるなあ」と目を細めた。

伊藤さん(左)らの伴奏に合わせて民謡や踊りを練習する子どもたち。新型コロナ感染対策のため、踊りの練習時以外はマスクを着用した=1月8日、男鹿市北浦市民センター

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース