前由利本荘市長の長谷部誠氏が死去 70歳

※写真クリックで拡大表示します

 前由利本荘市長で、秋田県議会副議長も務めた長谷部誠(はせべ・まこと)氏が12日午前7時27分、心臓関連死のため由利本荘市の病院で死去した。70歳。自宅は由利本荘市小人町93の1。葬儀は近親者のみで行う。弔問・献花は15日午前11時半から午後1時まで、由利本荘市岩渕下254、本荘グランドホテルで受け付ける。喪主は長男太郎(たろう)氏。

 県職員を経て1983年に県議初当選。2001~03年に副議長。6期目途中の05年に合併後初の市長選に出馬し次点だった。09年に初当選し、21年まで連続3期務めた。

 99年から09年まで県剣道連盟会長を務め、07年の秋田わか杉国体では剣道競技を完全優勝に導いた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース