風間「すごく緊張した」 キャンプ初日に充実感

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ファーム施設で調整するソフトバンク・風間(中央)=筑後
ファーム施設で調整するソフトバンク・風間(中央)=筑後

 プロ野球は1日、宮崎、沖縄両県で12球団が一斉にキャンプインした。

 ドラフト1位新人の風間(明桜高)は、体づくりが主眼となるC組で始動し、キャッチボールや体幹トレーニングなどで汗を流した。新型コロナウイルス感染のため福岡県筑後市のファーム施設に残った柳田の近くで練習し「すごく緊張した。明日からも頑張ろうという気持ちになれた」と充実感をにじませた。

 キャンプでは基礎的なトレーニングに励み、プロとしての土台をつくる。「これから力を出せるように、自分のペースでやっていきたい」と堂々と話した。

秋田の最新ニュース