まるで南国、カラフルな花いっぱい 大潟村の生態系公園

会員向け記事
お気に入りに登録

珍しい黄色の花をつけるツバキ「キンカチャ」を観賞する来園者

 秋田県大潟村の生態系公園内の観賞温室で色とりどりの花々が咲き誇り、見頃を迎えている。

小さな花が丸く集まって咲く「ドンベア・ウォリッキー」

ピンク色の肉厚な花びらが特徴の「ハイドゥン」

 珍しい黄色いツバキ「キンカチャ」や、ピンク色の肉厚な花びらが印象的なツバキ「ハイドゥン」が開花。ピンク色の小さな花が丸く集まって咲く「ドンベア・ウォリッキー」はアジサイのようにボリュームがあり、甘い香りも漂う。いずれも2月上旬まで楽しめそうだ。

 生態系公園管理事務所の西川紀暁所長は「外は雪で真っ白でも園内は南国のよう。カラフルな花で癒やされてほしい」と話す。

 ガラス張りの3棟の温室内には世界各地の約500種の植物が植栽、展示され、季節ごとにさまざまな花を楽しめる。2月以降も「ホンコンドウダンツツジ」や「ストレリチア」など多彩な花が次々開花していく。入園無料。月曜休園。

同じジャンルのニュース