アダマンド並木、湯沢工場に人工ダイヤ部門新設 開発加速へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田湯沢工場内のダイヤモンド製造現場に立つ並木社長(左)と金さん
秋田湯沢工場内のダイヤモンド製造現場に立つ並木社長(左)と金さん

 アダマンド並木精密宝石(東京、並木里也子社長)は今月、半導体基板となる人工ダイヤモンドの実用化を進めるため、湯沢市愛宕町の秋田湯沢工場内に「ダイヤモンド基板開発統括本部」を新設した。将来需要を見込んで研究開発を加速させるとともに、製造拠点としてのPRを強化するのが狙い。10人体制でスタートを切った。

秋田の最新ニュース