子育てサポートハウス新築 北秋田市・新年度予算222億

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県北秋田市は28日、2022年度一般会計当初予算案を発表した。総額は222億7026万円で、21年度当初比で5億5624万円(2・6%)の増額。子育て・教育関連の新規事業などで3年ぶりのプラス編成となった。


 子育て関連の新規事業では、老朽化した子育てサポートハウス「わんぱぁく」の新築移転工事費に1億447万円を計上。22年度中に市役所本庁舎裏から市保健センター隣へ移転する。

 教育関連では、阿仁合小の校舎改修工事などの事業費1379万円。阿仁地域の小中学校再編で23年度に開校する義務教育学校の校舎となる。

同じジャンルのニュース