若者のミカタ:雇用の質を高めよう(1)押し付けず、自分らしさ尊重 ショップ「ナナカマド」の場合

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自分らしく、伸び伸びと働く鈴木さん。店内には自身やスタッフがこだわって選んだ木製品が並ぶ=由利本荘市
自分らしく、伸び伸びと働く鈴木さん。店内には自身やスタッフがこだわって選んだ木製品が並ぶ=由利本荘市

 若者が秋田で暮らしていくためには、働く場が欠かせない。連載「若者のミカタ」第2部では、県内で生き生きと働く若者を訪ね、彼らが仕事や職場に求めるものを探っていく。

 ◇  ◇

 「秋田でこんなに充実した生活が送れるなんて、東京にいた頃は想像もできなかった」

 由利本荘市町村(まちむら)の鳥海山木のおもちゃ美術館内にあるショップ「ナナカマド」。2018年の開店当初から店長として切り盛りする鈴木絵梨子さん(39)=同市=はほほ笑む。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース