遠い風近い風[伊藤伸平]スペインの「鬼は外」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 二十四節気では、まもなく冬が終わり、春の始まりである立春(今年は2月4日)を迎える。季節の変わり目の前日である「節分」は年に4回あるが、春の節分は古来から重要視されてきた。現在、一般的に節分といえば立春前日を指すのはそのためだろう。

 節分の豆まきは、病気や災害を鬼に見立て追い払う宮中儀式「追儺(ついな)」が起源という説が強く支持されている。追儺は中国から伝わり、平安時代以降に旧暦の大晦日(おおみそか)に行われてきた行事で、それが市井に広がり、現在の豆まきの起源になったという説だ。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース