センバツ初出場の和歌山東 甲子園沸かせた中川申也さんの息子も在籍

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初出場が決まり、喜ぶ和歌山東の選手たち=28日、和歌山市
初出場が決まり、喜ぶ和歌山東の選手たち=28日、和歌山市

 和歌山東は昨秋の近畿大会で準優勝し、第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の選出が有力視されていた。それでも選考委員会まで落ち着かず、エースの麻田は「本当にきょう決まるのかなと思っていた。やっと甲子園のマウンドに立てる」と笑顔をのぞかせた。そして「近畿の決勝で負けたので、大阪桐蔭ともう一度やりたい」と力強かった。

 同校には1989年の夏の甲子園大会で、1年生左腕として経法大付(現明桜)を4強入りに導いた中川申也さん(元阪神)の息子、中川大士外野手が在籍している。

同じジャンルのニュース