大館市が除排雪費5億円追加 豪雪で予算ほぼ底を突く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県大館市は28日、2021年度の除排雪関連費予算の追加分として5億円を専決処分した。当初予算と9月補正予算を合わせ4億7843万円を計上していたが、市によると今冬の豪雪でほぼ底を突き、引き続き降雪が見込まれるため追加した。

 市土木課によると、24日時点の累積降雪量は市消防署比内分署の観測で443センチとなっており、過去10年間では14年度の505・5センチに次いで多い。これに伴い市内一斉除雪は11回を数え、前年同期を3回上回っている。

同じジャンルのニュース