全日本卓球、伊藤と早田が8強へ 石川と平野は敗退、張本智も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子シングルス6回戦 準々決勝に進んだ伊藤美誠=東京体育館
女子シングルス6回戦 準々決勝に進んだ伊藤美誠=東京体育館

 卓球の全日本選手権第5日は28日、東京体育館で行われ、女子シングルスで伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)が5、6回戦に勝ち、準々決勝に進んだ。2連覇を狙った石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)は6回戦で敗退。

 男子シングルスは吉村真晴(愛知ダイハツ)が6回戦で、4大会ぶり制覇を目指した張本智和(木下グループ)を4―2で破り、8強入りした。ジュニアの部を制した吉山僚一(愛知・愛工大名電高)もベスト8進出。前回王者の及川瑞基(木下グループ)と2020年大会を制した宇田幸矢(明大)は5回戦で敗れた。