五輪で「中国台北」と呼称 中国報道官、台湾反発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する中国国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官=26日、北京(CNS=共同)
記者会見する中国国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官=26日、北京(CNS=共同)

 【北京、台北共同】中国政府当局者は28日までに記者会見で、北京冬季五輪の台湾代表チームについて、国際オリンピック委員会(IOC)の規定に基づく呼称「チャイニーズ・タイペイ」を中国語に訳したとされる「中華台北」ではなく「中国台北」と呼んだ。台湾は中国の一部だとの主張を強める狙いとみられる。台湾側は反発した。

 2008年の北京夏季五輪の際も中国の官製メディアが報道で一時「中国台北」と表記し、中国政府も容認。台湾側が反発した経緯がある。

同じジャンルのニュース