時代を語る・青木隆吉(4)菓子作り見て楽しむ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
兄が営んだ「洋菓子の青木堂」。現在はパン屋に変わっている=秋田市保戸野通町
兄が営んだ「洋菓子の青木堂」。現在はパン屋に変わっている=秋田市保戸野通町

 幼稚園には通いませんでした。七つ上の兄傳之助は幼稚園に行ったんですが、親はあまり効果がなかったと思ったらしい。それに次男はスペアタイヤぐらいにしか思っていなかったようで、幼稚園には通わせないことにしたそうです。

 昭和10年代の幼い頃、家で父がお菓子を作るのを見ているのが好きでした。店名は「御菓子司(おんかしじ)青木堂」といいました。店には銀色のふたが付いた丸いガラス瓶がいくつもあって、お菓子がいっぱい入ってました。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース