時代を語る・青木隆吉(2)先祖は外町の有力者

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
先祖が寄進した三重塔を題材に制作したポスター「Roots(ルーツ)」=平成24(2012)年の県デザイン協会展出品作
先祖が寄進した三重塔を題材に制作したポスター「Roots(ルーツ)」=平成24(2012)年の県デザイン協会展出品作

 青木家は歴史が古く、江戸以前から土崎辺りで商いをしていたようです。佐竹家が国替えで秋田入りする江戸初期には、上肴町(現大町1丁目)に移っており、外町(とまち)の代表として佐竹家をお迎えしたと伝え聞いています。

 〈江戸時代の初めから、秋田市中心部を流れる旭川を挟んで東(中通地区)は内町(うちまち)=武家町=、西(大町地区)は外町=町人町=と呼ばれた〉

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース