2年以上伸ばした髪、病気の人に役立てて 能代の男児が寄付

会員向け記事
お気に入りに登録

 病気や治療で髪を失った人の役に立ちたい―。秋田県能代市の小学3年の男子児童が22日、2年以上かけて40センチ近く伸ばした髪をカットした。子どもの医療用ウィッグ(かつら)に活用してもらおうと、自らの髪を寄付するためだ。

約2年間髪を伸ばしていた凜君(左) 40センチ近く伸びた髪を切り、笑顔を見せた


 髪をカットしたのは向能代小学校3年の菅原凜君(8)。1年の秋ごろから髪を伸ばした。きっかけは、髪を寄付する「ヘアドネーション」を取り上げたテレビ番組を見たこと。女子だけでなく、髪を伸ばして寄付に取り組む男子もいることを知った。「自分も困っている人の役に立ちたい」。両親に相談し、髪を伸ばすことを決意した。

 母の舞さん(45)は、「最初は『本当にやるの?』と思ったが、本人の気持ちが強かったので応援しようと決めた」。父の治さん(44)は「何にでも興味を持ち、やってみようと思う性格。学校の先生たちも本人の気持ちを理解してくれた」と話す。

秋田の最新ニュース