秋田県野球協会100周年、功労者203人表彰

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
功労表彰で保坂会長(右)から記念品を受け取る団体代表者
功労表彰で保坂会長(右)から記念品を受け取る団体代表者

 秋田県野球協会(保坂兼也会長)は23日、秋田市のホテルメトロポリタン秋田で創立100周年を記念した功労表彰を行い、野球振興に尽力した203人の功績をたたえた。

 表彰されたのは同協会役員のほか県野球連盟、県軟式野球連盟、県大学野球連盟、県高校野球連盟、県中学校体育連盟、県野球協会審判部の推薦者。各団体の代表者が出席し記念品を受け取った。

 新型コロナウイルス感染防止のため記念式典や祝賀会は中止し、表彰だけを行った。保坂会長は「今後も野球の発展を願い、協会としても努力していく」とあいさつした。

 県野球協会は1921年5月、秋田市の野球チームにより設立された。県体育協会(現県スポーツ協会)より発足が2年早く、当時、運動団体は珍しかった。現在は各野球団体の調整役と、審判の育成を主な事業としている。

 被表彰者は次の通り。(敬称略)

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース