W杯回転、小山陽平2回目進めず 第5戦、初出場の相原史郎も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小山陽平
小山陽平

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は22日、オーストリアのキッツビューエルで男子回転第5戦が行われ、北京冬季五輪代表で23歳の小山陽平(ベネフィット・ワン)は37番出走の1回目に52秒98の37位で、上位30選手による2回目に進めなかった。21歳で初出場の相原史郎(東海大)は62番スタートの1回目に52秒91で35位だった。

 アレックス・ビナツァー(イタリア)が50秒59で1回目トップに立った。(共同)