県内で最多87人がコロナ感染 11人が自宅療養

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は22日、新たに87人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に公表される感染者数としては21日の55人を上回り、2日連続で過去最多を更新した。重症者はいない。県は公表済みの感染者1人について、オミクロン株への感染が確定したと発表した。

 また、22日時点で感染者11人が自宅療養となった。宿泊療養施設の使用率が21日時点で4割を超え、県は無症状や軽症の感染者を対象に自宅療養を始める基準に達したとしていた。

 22日発表の感染者は保健所別で秋田市40人、大館14人、北秋田2人、能代6人、秋田中央3人、由利本荘3人、横手16人、湯沢3人。このうち秋田市発表の18人はオミクロン株に感染した疑い。

秋田の最新ニュース