又吉克樹、救援でフル回転誓う FAでソフトバンク加入の右腕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自主トレを公開し、キャッチボールするソフトバンク・又吉=福岡県筑後市
自主トレを公開し、キャッチボールするソフトバンク・又吉=福岡県筑後市

 中日から国内フリーエージェント(FA)でソフトバンクに移籍した又吉克樹投手が20日、福岡県筑後市のファーム施設で練習を公開し「七、八、九回どこでも困ったときに選択肢に上がるように」と、救援でのフル回転を誓った。最初に約50分間ランニングをこなし、体力づくりに励んだ。

 31歳で通算400試合登板の鉄腕。ソフトバンクのシーズン最多登板は、又吉の人的補償で中日に移籍した岩崎らが持つ72試合で「それくらい投げさせてもらえるなら、胸を張ってマウンドに行きたい」と更新に意欲的だった。

 11日には6歳下の一般女性と結婚したと明かした。