阿仁合、能代などでまとまった雪 JRで運休や遅れ相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は19日、冬型の気圧配置の影響でまとまった雪が降る地域があった。

 同日午後3時現在の県内各地の積雪は北秋田市阿仁合125センチ、横手市116センチ、北秋田市鷹巣93センチ、能代市44センチ、秋田市39センチなど。午後3時まで12時間の積雪量は北秋田市阿仁合21センチ、能代市16センチ、北秋田市鷹巣1センチなど。秋田市や横手市は0センチだった。

 JR秋田支社の19日午後4時15分の発表によると、雪の影響で羽越線、奥羽線、五能線の上下計25本に運休や区間運休が発生。花輪線を含む4路線の計23本に遅れが出ている。


鉄道運行情報はこちらから

秋田の最新ニュース