【首都圏発】埼玉で「弥助そばや」の味守る 秋田市出身の男性

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
弥助そばを営む岩本さん
弥助そばを営む岩本さん

 埼玉県狭山市の住宅街で「弥助そば」を営む岩本正還さん(71)は秋田市出身。約50年前に羽後町西馬音内の老舗「弥助そばや」からのれん分けされた店を引き継ぎ、つなぎに海藻のフノリを使った名物そばを提供している。

 店は以前、秋田市中通の仲小路にあった。当初は羽後町の弥助そばやから製法を教わった男性が店主を務めていたが、25年ほど前に病気で亡くなり、岩本さんが知人である店主の息子から誘われて働くようになった。

秋田の最新ニュース