携帯に女性の顔写真付きメール 男性、27万8千円被害

お気に入りに登録

 秋田県警北秋田署は8日、北秋田市の50代男性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権計27万8千円分をだまし取られたと発表した。

 署によると昨年12月下旬ごろ、男性の携帯電話に見知らぬ女性の顔写真が付いたメールが届いた。その後「画像を送ったことで迷惑を掛けた。示談金を送りたい」とのメールがあり、示談金を受け取るための手数料として電子マネーを購入するよう指示された。男性は1月上旬までにコンビニで電子マネーのプリペイドカードを計8回購入し、利用に必要な番号を伝えた。さらに購入を求められ、8日に署に相談して被害が発覚した。

 署は、示談金名目のメールを送りつけて電子マネーを購入させたりするのは特殊詐欺の手口として、届いた場合は相談するよう求めている。

秋田の最新ニュース