【大曲梵天記】完成!先輩見てください! 動画「完成披露の儀」

会員向け記事
お気に入りに登録

1月3日 大曲昭和五十六年会が11月から製作を続けていた梵天と恵比須(えびす)俵が完成した。この日は、秋田県大仙市佐野町の宴会場フォーシーズンで「完成披露の儀」が催される。先輩である五十四年会、五十五年会、そして来年担当する後輩の五十七年会の幹部らを招いてお披露目するのだ。

先輩の厳しい視線に緊張


白ワイシャツ、ネクタイ、はんてんの「正装」。私たち会員は会場内の両サイドに並び、開式を待つ。先輩たちの厳しい視線が緊張を誘う。なにせ、直前のリハーサルで五十五年会の先輩から「お辞儀はその角度でいいんですか?」「もっと力強く、手板を打ちつけて」などと細かな指導をいただいていた。梵天部長の佐藤卓真さんは尻をたたかれていた。

司会を務める事務局長の本間一史さんが「皆さま、入り口付近にご注目ください」と告げた。

秋田の最新ニュース