シニアが住みたい田舎1位に秋田市 生活支援策など評価

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 宝島社(東京)が発行する月刊誌「田舎暮らしの本」が企画する「2022年版住みたい田舎ベストランキング」で、秋田市が全国の人口20万人以上の36自治体中、「シニア世代が住みたいまち」で1位となった。高齢者向けの生活支援策などが評価された。4日発売の2月号に掲載されている。

 ランキングは13年から毎年発表している。移住定住の取り組みを進める自治体を対象にアンケートを実施。自治体の回答を基に、移住や医療、子育てへの支援策、自然環境の良さなど276項目を点数化した。今回は全国751自治体が参加。人口規模別に5グループに分け、シニアや若者から見た住みやすさを比較した。

 同誌は、秋田市の住みやすさのポイントとして、65歳以上の市民が1回100円でバスを利用できるなど、高齢者へのサポートが手厚いことなどを紹介した。自然や文化施設が身近にあり、災害が少ない点も挙げた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース