風間球打、目標は大きく300勝 明桜高からソフトバンクへ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 2022年、秋田県から新たに2人の右腕がプロ野球界に飛び込む。そのうち、明桜高で157キロをマークするなど世代最速投手として鳴らした風間球打(18)はソフトバンクへ入団する。力強い直球を武器にパ・リーグの強打者に立ち向かう。

プロで目指す数字を書いた色紙を手に決意を新たにする風間。目標は大きく


 昨年の県内公式戦は計61回で88奪三振、6失点と圧倒的な成績でチームをけん引した速球派。風間は4年ぶりとなる夏の全国選手権(甲子園)に導き、大会最速となる152キロを計測するなど大器の片りんを示した。

秋田の最新ニュース