2021秋田スポーツこの1年:社会人・高校野球 風間、小木田プロへ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全国高校選手権で好投した明桜の風間=8月、甲子園球場
全国高校選手権で好投した明桜の風間=8月、甲子園球場

 2年ぶりに開催された全国高校野球選手権秋田大会では、150キロ超の速球で注目を集めた剛腕・風間球打(3年)を擁する第1シード明桜が4年ぶりに夏の甲子園出場を決めた。

 全国選手権では帯広農(北北海道)との1回戦が、四回まで5―0とリードしながら降雨ノーゲームに。仕切り直しの一戦は1点を追う五回に中軸の連打で3点を奪って逆転。風間が10奪三振で完投し、現校名で甲子園初勝利を挙げた。2回戦の明徳義塾(高知)には試合巧者ぶりを発揮された。風間の球数は6回で139球に達するなど本来の投球をさせてもらえず、2―8で力負けした。

秋田の最新ニュース