「これが日本一かという感動があった」石山泰稚インタビュー

有料会員向け記事
お気に入りに登録


2度にわたる好救援でヤクルトの日本一に貢献した石山泰稚投手(金足農高―東北福祉大―ヤマハ)に、日本シリーズと昨シーズンを振り返ってもらった。

―入団9年目で初めて日本一となりました。実感はありますか?

率直にすごくうれしい。これが日本一かという感動がありました。

―日本一達成後に見たスタンドの光景はどうでしたか?

本拠地の東京ではなく、オリックスの神戸ということもあって、ヤクルトファンが多くはなかったんですけど、優勝セレモニーにはオリックスファンも残ってくれて、両チームのファンが見てくれていた。コロナ禍で球場に来られない人が多いことを考えると、ファンの声援はすごく力になると実感しました。

日本シリーズを制し、胴上げされるヤクルトの高津監督


―日本シリーズは接戦が続きました。ベンチはどうでしたか?

いい戦いができていた。気を抜くことはないですけど、中継ぎ陣がいつ行くのか決まらない中で待機していました。日本シリーズの独特の雰囲気の中で、しかも接戦で、いい経験ができたと思っています。

自分ができることは今までと一緒


―いつでも出られるように準備をしていたのですか?

秋田の最新ニュース