2021秋田スポーツこの1年:バドミントン ナガマツ、シダマツ躍動

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全英オープン女子ダブルス決勝でプレーする永原(手前)、松本組=3月、バーミンガム
全英オープン女子ダブルス決勝でプレーする永原(手前)、松本組=3月、バーミンガム

 バドミントンの女子ダブルスは県関係選手の活躍が目立った。永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は3月に英国のバーミンガムで行われた全英オープン(OP)で前回大会覇者の福島由紀、広田彩花組(丸杉)を破り、初優勝した。

 全英OPは全日本総合選手権(昨年12月)以来、約3カ月ぶりの公式戦。東京五輪を見据えて攻撃とレシーブの引き出しを増やしたり、コミュニケーションの強化に取り組んだりと試行錯誤を繰り返した。決勝では2連敗していた福島、広田組にストレート勝ち。危なげない試合運びで確かな成長を感じさせた。

秋田の最新ニュース